SSブログ
メッセージを送る

ピアノってどこに置いたらいいの? [ピアノの管理]

今回のブログはピアノの置き場所についてです。
長文を読むのが面倒な方は、ぜひ本日公開した動画をご覧ください。
【動画】ピアノの置き場所どこにする?
%u30B5%u30E0%u30CD3.jpg

さて、ピアノは温度や湿度の変化に弱い楽器です。
そのため、なるべく環境を一定にしてあげると、ピアノは安定した良い状態を保つことができます。
置き場所を考えるときに、気をつけていただきたいポイントは大きく4つあります。

①窓の近く
直射日光が当たると、ピアノが温められてしまったり、直射日光が当たらなくても、温度変化が大きかったりする場所です。(冬場は結露したりしますよね?)
例えばピアノの右側に窓がある場合、窓に近い方(高音側)だけ内部にサビやカビが目立つ、なんてこともあります。
カーテンを閉めて対策することがおすすめです。木目のピアノは日焼けをする場合もあります。


②エアコンの位置
直接風が当たると温度変化や過乾燥につながってしまいます。
こちらは風向きを調整してあげることで解決できます◎

エアコンの真下にピアノがある場合、風の影響を受けることは少ないのですが、水漏れをしピアノにかかってしまった、というケースもあります。エアコン工事をする際にはピアノが邪魔になるため、一度どかす必要があります。
万が一のことを考えると、少しずらして置いた方が無難かなと思います。
※ピアノをお客様自身で移動することは危険です。ピアノ専門の運送業者へ依頼しましょう。


③キッチンなど水回り付近
油汚れがピアノに付着してしまう可能性があります。
放置すると汚れが落としづらくなるため、こまめに拭いて対策ができますね。
湿度の高くなりやすい場所なので冬場は逆に乾燥を防げるかもしれませんが、湿度が高い場合には除湿機などで管理してあげると良いかなと思います。


④床暖房
床暖房をエアコンなどと合わせて使うと、とても乾燥しやすいです。
加湿器を使って、乾燥しすぎないように注意してあげられると理想的です。



この他に実際に質問が多い置き場所は和室(畳)
結論から申しますと、和室はピアノにとって全く問題ありません!!
畳が吸音材の役割を果たしてくれるので、音がキツくなりすぎずマイルドに聞こえるなどの効果もあります。

ただし畳にピアノを置いていた跡がついてしまったり、ピアノ椅子を引きずるとささくれてしまったり、畳がいたんでしまうことはあります。
そのまま置いていただいても大丈夫ですが、心配な方は厚みのあるボードやマットなどを用意すると安心ですね。


なるべく騒音対策をしたい方へ[音楽]
アップライトピアノの場合は、背面(後ろ側)から大きな音が出ています。
そのためピアノの背面が自宅の内側に向くように置くと、音漏れが軽減されます。
近くに窓があると、外に音が聞こえやすくなる原因の一つにもなりますね。
置き場所関係なく気になる場合は、吸音パネルを使った対策もできます。


もちろん置ける場所に限りはあると思いますので、置き場所に応じた対策ができれば良いかなと思います。
置き場所の候補が複数あって悩んでいる場合は、ぜひお気軽にご相談ください[るんるん]

動画の最後には、お客様の都合は無視した(?)完全調律師目線での理想の置き方についても話しています。
こちらはぜひ動画でご覧ください[目]


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ピアノ119台展示中です [お店について]

早いもので9月に突入し、新学期が始まりましたね。

春もそうですが、新学期は、一区切りつくからなのか、新しい季節?スタート?へ気持ち的に切り替えられるのか、ピアノの購入を検討される方も多い時期のように感じます[ひらめき]

選ぶにも台数がないと選べませんよね。当社の展示状況はというと、9月2日17時現在で、グランドピアノ50台、アップライトピアノ69台、合計119台展示しています!

常時約100台展示!とうたっている当社。最近ピアノの台数が多いような…?くらいに思っていましたが、思っていたよりも20台程多く、今回数えてびっくりしました[目][どんっ(衝撃)]

多すぎても迷ってしまいそうですが、新品か中古かなどの「ご予算」、アップライトなら背の高さやグランドなら奥行きといった「サイズ」、好みのメーカーや音色、見た目、などなど…こういうピアノがいいな〜という希望で絞り込んでいくと、案外数台まで絞り込みができたりします。

子どものために買いたいけれど、親は楽器の経験がなく選び方・決め手が分からない[ふらふら]という方には、スタッフが解説しながらお店をご案内する「初めてのピアノ選び講座」も開催しています。


楽器はやはり実際に触れてみたり、音を聞いてみると、イメージもしやすいのかなと思います。

まずはお気軽に、ご来店ください。

小林



スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽