So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
修理・調整 ブログトップ
前の5件 | -

鍵盤の重さを揃える鉛(なまり)とは [修理・調整]

タッチについて「重い」とか「軽い」とか色々言われる事があります。
各鍵盤調整や整音、環境の状態などによって色々左右されるタッチ要素ですが、しっかりと調整を行えば基本的には「弾きやすく」なります。

が、さらにさらに細かく追及していくと鍵盤の重量調整も重要な要素になります。

image0.jpg鍵盤の横には円形の鉛(なまり)が入っております。(写真)

各鍵盤が均等に上がり下がりするよう鍵盤側面に埋め込まれているのですが、鉛のサイズ・大きさ(重さ)も適切に計算し埋め込む必要があります。


写真の鍵盤は一見すると鉛がバラバラに入っているように見えますが、これは一鍵一鍵を丁寧に測っている為この様になります。大変時間がかかる作業ですが鍵盤タッチはとても均等になります。
はい、もちろんこの鍵盤はスタインウェイの鍵盤でございます。流石。


逆に多くのピアノメーカーは生産性を重視しますので、一定の法則性に従って機械的に埋め込まれています。


image1.jpgちなみにスタインウェイでは鍵盤の重量は音域によって「何グラム」と決まっています。

写真の矢印の所を見て頂くと、鉛筆で「52」と書き込まれています。

これは最低音域の重量をしめしており、最高音域にいくに従って数字も変わります。もちろん記入してある数字も変わります。



さて、ピアノはもともと製造された段階での重量調整があいまいな場合もそうですが、経年変化や使用による消耗(特にハンマーフェルトの消耗)によっても重量は変わっていきます。

重量調整は鉛の出し入れをするまでに行っておかなければならない修理や調整が多く、手間もかかる作業ですのであまり一般的にされない作業なのですが、弊社ではオーバーホールなどでも重量調整をしっかりと実施しておりますので均一されたタッチ感で演奏する事が出来ます。

下記の弊社工房ホームページでも詳しくご説明しておりますのでぜひ。





文章:桃太郎

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ピアノを劇的に良くする2つの調整 [修理・調整]

何だかそれっぽいタイトルではありますが、結構重要な要素ですので早速。

①ピアノを劇的に良くする2つの調整、其の一。

C6E1212D-D737-4B2C-8FB8-84898D4183BD.jpeg鍵盤調整。

鍵盤を外した際に鍵盤ピンが綺麗かどうかはかなり重要です。

写真の磨いている部分は鍵盤の支点となる箇所。

ここが錆びついていたりベタベタしている様だと鍵盤の動きはスムーズにいきません。

鍵盤ピンは手前側にもありますのでそれぞれ綺麗な状態にします。

鍵盤の各ブッシングクロスも適切な状態にし、キツすぎやガタガタはダメです。

これだけで「鍵盤に指がスッと溶け込む感じ」になります。

ピアノと指との距離感が近くなったと言われた事もありました。


②ピアノを劇的に良くする2つの調整、其の二。

AFB445F5-4B89-47E6-BF87-B05351D3EF09.jpegダンパー調整。

ダンパーは音を止めている部品。

ペダル操作時はもちろん、打鍵の際もダンパーは稼働しますが、ここがいかに正確に整然と動くかを調整します。

各音・各弦に対してダンパー全てが正確なタイミングで離れ、かつ正しく止音される。当たり前の様に聞こえますが、これがなかなか上手くいっていないピアノが多いです。

実はダンパー調整はかなり繊細で難しく、時間もかかりますので大変な作業の部類に入ります。

ダンパーのフェルト調整、始動調整、ダンパーストップ時の遊び調整、ハーフペダル、ペダルの踏みしろ等等、これら一連のダンパー調整がうまくいっていると、音が本当に変わります。

音を止める部品調整で、出てくる音が変わるんです。


もちろん他にも大変多くの調整があってピアノは構成されてますが、上記の2点は大変重要であり実は「基本」でもあるのです。


文章:桃太郎

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

弦の張り方ひとつで [修理・調整]

ピアノは弦楽器ですので、弦が切れるという事は当然としてあります。

でも、ピアノ弦は太さ・硬さもありますのでしょっちゅうブチブチ切れる事はありません。

が、それでもまれに切れた時に我々調律師は弦の張替え作業が出来ないといけない訳です。

BF2E7F45-BD7C-42E5-8135-7903ABC02C1A.jpeg弦の張替えと一言で言っても実は中々の技術が要求されます。

例えば写真の弦をご覧下さい。

これはチューニングピンに巻きついている部分(コイル)なのですが、左の弦に比べて右の弦の方がピンへの差し込み角度が甘いです。

ここは左の弦の様にしっかりと鋭角に作らないと音が安定しません。

他にも張弦の仕上げ方には多くの精度やコツが要求されます。

それら全てが音の安定や耐久性にも繋がりますのであなどれません。


31410441-D6D4-4503-B3B8-EDDEF6D1864F.jpeg次の写真は、「弦は張ってある。※ただし張れているとは言っていない」という状態。

これは弦が途中で交差してしまい、にっちもさっちも行かない状態です。

音の位置は最高音の「シ」なのであまり使わないかも?ですが、まともに調律も出来ない状態。

この状態で使っていたそうですが、お客様にご説明し張り直しました。


張弦に限らず様々な作業は調律師の手作業による要素が多いです。

綺麗に張ってある弦は音も宜しいです。


文:桃太郎



スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

鍵盤蓋が生まれ変わる直前 [修理・調整]

9FC15F60-A7F6-43D6-9852-FE1F52368EC3.jpeg昨日工房に寄りましたら外装クリーニング中のピアノが。

写真はその鍵盤蓋です。

奥の部品は最終仕上げの直前。ツヤは無くざらっとした見た目、まだまだ綺麗になる様に見えませんが…。

この後これを磨き上げる事で手前に置いてあるツヤツヤ鏡面艶出しに仕上がります。[ぴかぴか(新しい)]

ツヤツヤすぎて工房内の工具類が反射しちゃってますが、ここまで仕上げるのには様々な手間・処理があっての事です。職人技ですねぇ。


さて、以前弊社工房のホームページをご紹介しましたが、この様な外装修理や塗装も行なっておりますので是非ご覧ください。

文章:桃太郎




スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

鍵盤横が真っ黒に [修理・調整]

よく使っているピアノというのは色々なところの変化で判断出来ます。

C0D6763C-7EE7-494C-8DD5-F14EB2F6B5AD.jpeg譜面台まわり、ハンマーの具合、鍵盤下の様子、などなど。

消耗はもちろんですが汚れ具合も使用頻度に反映される要素があります。

例えば写真の様な鍵盤の横。

通常、打鍵の際は白いアクリルの部分を触りますが側面の木も触れています。

そうすると必然的に側面が黒ずんでいくわけですね。

※もちろん黒ずみは使用頻度もありますが、ほどほどの使用でも長年の蓄積で…という事は言えます。


55932B43-5A3C-4F74-A081-FDDB3652A47E.jpegさて、次の写真は黒ずみを落としてみました。

割と変わりますよね。

黒ずみもそうですが、鍵盤横は若干なりと凹んできてしまうのですが、ある程度は回復出来ます。


しかし演奏の際に鍵盤横というのは結構触っているものなんですね。

ところで鍵盤横を磨いてていつも思うのですが、中音域はよく触れる箇所ですので鍵盤両サイドが黒ずみますが、両端の音域はどちらかというと真ん中に対し鍵盤の外側が汚れています。



AA183395-65E4-4BB4-A3A9-78472611DC5F.jpeg最後の写真は黒鍵ですが、黒鍵の側面(下部)は黒く塗装してありますので白鍵の様な黒ずみというより塗装が取れてきてしまいます。

ここは単純に塗装をし直してあげれば綺麗に仕上がります。

鍵盤横は普段見てそうで見ていない箇所。案外と汚れたりしているものですね。


文章:桃太郎


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - 修理・調整 ブログトップ