So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
ピアノのこと ブログトップ
前の5件 | -

ピアノ移動のご相談は [ピアノのこと]

2月も半ばになり、年度末に向けて色々と忙しくなる頃です。

これからの時期はお引越しなども繁忙期になってきますので予定が大変混み合います。

特に、ピアノの移動は大きい物なだけにお早めにご依頼して頂いた方が安心です。

もちろん弊社でもピアノ運送はお受けしております。


ピアノは通常の家具と違い、「ピアノ専門の運送」にご依頼頂く必要があります。

適当に扱われてしまっては大切なピアノが痛んでしまう恐れがあるどころか、搬入出の際に家や家財等を傷つけてしまうというトラブルもありあます。


他にも不必要な修理などを勧められてしまうケースもありますので、安易にその場で決めずに何社かご相談する方が安心です。


「ピアノ移動」というのは、一般的には実はよく分からない件でもありお値段や条件も様々です。まずは時間にゆとりを持ってお早めにご相談・ご検討下さい。


文章:桃太郎




s-15261881455490.jpg

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

MUSIC China2019 参加してきましたー!! [ピアノのこと]

先月の10月10日~12日に上海で開催されていました、世界最大規模の楽器見本市「MUSIC China2019」へ行ってきましたー!!

スケジュールの都合上10日のみの参加となってしまいましたが、いやぁもうすごかった。

どこに行っても楽器が置いてある、何かしらの楽器の音が常に聞こえるという、楽器好きにはたまらないひと時を過ごしてまいりました…[ぴかぴか(新しい)]

そんなわけで、今回は会場で出会った「思わず2度見してしまった驚きの見た目のピアノ」をご紹介したいと思います!

少々長くなりますがよろしければお付き合いください[かわいい]

まずはこちら。
20191010_105133.jpg









大屋根の裏側にご注目。黒地に金色で綺麗な装飾が施されています[ぴかぴか(新しい)]うーん、なんともゴージャス。上品。ファビュラス。


続いてはこちら。

20191010_104807.jpg














突 然 の パ ン ダ。なるほど、中国といえばパンダですからね。

なかなか強烈な外観のこのピアノ、実は自動演奏機能付き。色々と情報過多で戸惑いを隠しきれません。


さて、続いてのピアノはこちら。

20191010_110226.jpg










ディズニーとコラボしたピアノです!!ハハッ!!

こちらはミッキーマウスをイメージしたピアノ。この色の組み合わせ方はまさにミッキー!まさかの耳付きというインパクト大な外観です[ひらめき]

20191010_150356.jpg










こちらはアナと雪の女王イメージのピアノ。

雪をイメージした白や氷をイメージしたクリア―カラーの外装に、青と紫の美しいグラデーションカラーでエルサと雪の結晶が描かれています[ぴかぴか(新しい)]映画の世界観が見事に再現された1台ですね!


ディズニーコラボが続いたところで今度はこちら。

20191010_122455.jpg









サンリオとのコラボのピアノです!白地に優しいタッチで描かれたハローキティが可愛い!キティちゃん好きにはたまらないピアノでしょう[ハートたち(複数ハート)]


さぁ、まだまだいきますよー!続いてのピアノはこちら!

20191010_120240.jpg









一面に広がる銀河、輝く星達…。壮大な宇宙を感じさせるピアノですね[三日月]とても綺麗なグラデーションで思わず見惚れてしまった1台です。

さて、こちらも素敵な1台。

20191010_112248.jpg










外装が全て透明な素材で出来ているのですが、まるで澄み切った水が波立っているかのような不思議なデザインで、思わず触ってしまいたくなるような美しいデザインでした[ぴかぴか(新しい)]写真に写っていないのが残念ですが、同じデザインの椅子もありました。うん、世界観が完璧。


世界観といえば、このピアノの世界観はなかなかのものがあります。

20191010_171151.jpg










はいカラフル―。めっちゃカラフル―。

違う角度からもう1枚。


20191010_171102.jpg











はいもうめっちゃカラフル―!!

有名なデザイナーさんとコラボしたモデル?のようですが、残念ながらお名前までは分からず…。

とにかく色合いがすごい。脚やペダルの形もすごい。同デザインの椅子もすごい。唯一無二のピアノですね。


さて、続いてのピアノが今回ご紹介する最後のピアノになります。こちらが私が今回の展示会で最も印象に残ったピアノです。このピアノを紹介したいからこのブログを書いたと言っても過言ではありません(?)

それでは様々な角度からご覧いただきましょう。まずは正面。

20191010_113934.jpg












いや飛行機やん。楽器ちゃうやん。乗り物やん[飛行機]

そう思いますよね。私も最初はそう思いました。

次に別アングルからご覧ください。


20191010_113945.jpg












いやだから飛行k…おや…?よく見るとペダルらしきものが……に、2ヶ所ある……!?!?


それでは反対側に回り込んでみましょう。こちら。


20191010_114010.jpg












ピアノだったーー!!!しかも鍵盤が2ヶ所あるーーー!!!!

なんというかもう衝撃的でした。衝撃的でした(思わず2回言ってしまう程のインパクト)2度見どころか7度見くらいしました。衝撃的でした(3回目)

写真だけでは分かりにくいかと思いますが、このピアノかなり大きいです。フルコンサートピアノをはるかに上回る大きさ。5メートル以上あったのではないでしょうか…。衝撃的でした(4回目)

もちろんちゃんとピアノとして演奏は出来るのですが、お子様が触っている方の鍵盤は全て偽物で、鍵盤は押せない仕様になっていました。ペダルも使えません。つまりただの飾り。衝撃的でした(5回目)


さて…テンションが上がってしまい若干言葉が乱れましたが、どれだけの衝撃だったのかはお伝え出来たのではないでしょうか…?(笑)

やはり世界規模の展示会というだけあって、正統派から個性的なピアノまでとにかくたくさんのピアノが並べられていて非常に見応えがありました!!1日ではとても見きれず、駆け足になってしまったのが残念[あせあせ(飛び散る汗)]

もっとたくさんご紹介したいピアノはあるのですが、随分長くなってしまったのでひとまず今回はここまで。また機会がありましたらご紹介したいと思います[ひらめき]

おがた

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

白いピアノが手に入ります [ピアノのこと]

白いピアノってなかなか憧れますよね。

もちろん黒や木目も素敵ですが、白いピアノってなるとまた違う存在感があります。

C1EBAE1D-7567-4D79-B90E-69C1DC1796B1.jpeg現在店内に展示中の白いピアノ。

小型で直線的なデザイン。脚も無いタイプなので凄くスッキリした印象。可愛いですね。


そして先日弊社工房から「ピアノ仕上がったよ」メールが。そのピアノが次の写真。

EC48CB96-1BE0-4BAA-91FC-B9A4263E2623.jpeg


うむ。こちらもまた可愛い。


こんなピアノがお部屋にあるのを想像するとファンタジーな気分になります。



さて、それでも黒や木目に比べて数が少ないのが白いピアノ。

気になる方は是非お早目にお問い合わせ下さい。


ところで弊社工房では「白いピアノに塗り替え」も出来ますので、今お持ちのピアノを「憧れの白いピアノ」にリメイク出来ちゃいます。詳細はお問い合わせ下さいませ。

文章:桃太郎






スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

鉛筆・消しゴム置き場の隠し機能 [ピアノのこと]

A2C60653-57D5-46FA-9495-3C7A0444EDFE.jpeg写真はピアノの鍵盤と本体部分。

この鍵盤の両端に付いている部品について今日はお話を。

写真は高音側ですが、鍵盤の横の「台」の様な部分。

よく鉛筆や消しゴムなんかを置いちゃう場所。最近はスマフォを置かれる事も。

この部分は「拍子木」といいます。

拍子木といえば、いわゆる「カン!カン!火の用心、マッチ1本火事の元!」というアレです。

って今、ソレあまり聞かないですよね。


でもピアノの拍子木はカンカンに使用しません。

早速外して解説しましょう。

3A38519C-904C-4FC9-AB7A-45045EA2D492.jpeg写真2枚目は拍子木を外した所。

鍵盤が乗っている台「オサ」が見えます。

オサからピョコンと銀色の丸棒が出てますね。

この丸棒が非常に重要。

この丸棒に拍子木がセットされる事で、鍵盤はもちろん内部のアクション全体の位置が決まってきます。


870396A1-F4B0-4B48-A816-3D321A8711A8.jpeg写真3枚目は拍子木の側面。

普段隠れている位置になんやら色々おるおる。


拍子木側面に付いている金色金具に先程の銀色丸棒がセットされます。

このセット具合によって決まってくる項目の一つがハンマーの打弦点。この拍子木金具が前後する事で内部アクションを手前や奥に位置移動出来ます。

つまり張ってある弦に対して、ハンマーの打弦位置を変える事が出来ます。

さらにこの金具は上下出来ますので鍵盤が乗っているオサの接地具合を調整出来ます。

オサの抑えは強すぎても弱すぎてもダメです。

そして拍子木側面に付いている「マイナスネジの頭」、このネジ頭の出具合によって「シフトペダルの可動範囲」が決まります。

シフトペダルは踏み込む事で鍵盤が右にスライドしますが、そのスライド量がここで決まる訳です。


一見ただの外装部品の様な拍子木、実はこんなに重要な部品だったのです。

今回お話しました拍子木はグランドピアノの物になります。アップライトピアノでは上記の調整機能は付いておりません。



文章:桃太郎

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

個性はみんな魅力的 [ピアノのこと]


突然ですがこちらの3台のピアノを見て下さい。

IMG_7810.jpg











IMG_9667.jpg












IMG_0294.jpg












3台とも既にご納品されたピアノですが、

実はこの3台、全く同じモデルのピアノなんです。
 
ピアノはメーカーごとに違いがあるのはもちろんですが、
同じメーカー、モデルでも1台1台音色には個性があります。
ましてやこのように仕上げや模様も少しずつ違ったり。
 
実際に見て、弾いて初めて分かることです。
おもしろいですね。
 
お家のピアノも世界に1台しかないと考えると、なんだか演奏も楽しくなりそうです。
出会いは大切に、楽しく生きましょう[晴れ]
橋本

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - ピアノのこと ブログトップ